水戸市の妹のVolkswagen polo

水戸市に嫁いだ実の妹の乗っている車はVolkswagen poloです。

妹は30歳の時に購入。仕事は普通のOLさんですが、勤めている会社は8年目位で、ある程度の役職も付き、年収400万。

普段から洋服や外食で出費はあるみたいですが、海外旅行の様な大きな出費のある趣味はないので、割と貯蓄に回せるようで車購入時にはかなり注ぎ込んでました。

その甲斐あってpoloは乗り心地が、かなり良いです。

このpoloの前には国産車に乗っていましたが、poloを買うために水戸市の車の買取店で買い取ってもらったそうです。

確か、車買取水戸市というサイトを利用して買い取ってもらったと言っていました。

なんでもこのサイトは車の一括査定サイトだそうで一番高く買い取ってくれる業者が簡単に分かるというので人気のサイトなんだそうです。

そんなpoloですが国産車と比べるとドアの重さが全然違います。

閉めた時の重厚感ある音はまさに外国の会社ならでは。

内装はシンプルで、国産車の中より狭い感じ。

窓自体も小さいのでしょうが、車に守られている感があります。

シートも身体を包み込む感覚が強く、長時間の乗車で以前よりしんどくなり難いです。

目線も前より低い為、スポーツカーまではいかずとも、流行りのファミリー向けの車より道路を這う感がある。

カスタムでヘッドライトを替えていますが、LEDライトでしょうか、明るい、見やすい、そして実は何より見た目がかっこいいです。

青白くスマートな光でかなり高級感があります。

しかも本気の実用度を兼ねているので、たまに代車に乗ると、普通のライトの黄色味のある光はぼんやりとした感じで、普段より見にくいらしいです。

車体のカラーは赤ですか、内装は黒でシンプルなので甘過ぎず、誰が乗っても素敵に見えます。

ただ、アラサー位の若い女性には特にオススメだと思います。

フェラーリ458イタリアに乗っていた福島の友人

学生時代に福島市に住んでいる友人と遊ぶことになり、福島駅で待ち合わせていると一台の赤いフェラーリが颯爽と福島駅の前の交差点に止まりました。

かっこいいなと思ってみていると、待ち合わせしている友人だったのです。友人の車は見たことがなく、まさかフェラーリで来るとは思ってなかったので、かなり驚きました。

福島駅前の交差点の視線はそのフェラーリに注がれ、写真を撮っても良いですか?といった感じで声をかけられていて圧倒されました。

早速車内に乗り込むと、赤のレザーが全体的に印象的な感じを受けました。

シートもしっかりとフィットしており、とても快適な空間に心躍っていたのを覚えています。

少し加速するだけで。エンジン音が吹き上がり、まさにサーキット走っているような感覚に包まれます。

何ともいえない乗り心地はまさに夢を見ているみたいでした。

街中を走っているとすれ違う人が結構な頻度で見るので、多少芸能人気分を味わうことができました

友人からも女の子を迎えに行くとモテるよといった話も聞き、私もいつかはフェラーリに乗って見たいなと思いました。

やはり車幅がでかいので気をつけて運転しないとかなりの確実で傷がつきます。

あと、有人駐車場にとめないとイタズラされるとも聞きました。

その後、社会人になってからその友人と連絡をとってみたことがありました。

あの時のフェラーリはどうしたのかな?と思って聞いてみたところ、買い取ってもらって今は国産の安い車に乗っているということでした。

なんでも車買取福島市というネットの車の査定サイトで買い取ってもらったそうです。

かなり高額で買い取ってもらったそうなので、今のっている国産の車に買い替えてもまだ余裕で一年分の給料くらいが手元に残っているんだと言っていました。

いくらで買い取ってもらったのかは、それ以上は聞きませんでしたが、さぞかしビックリするような高額な買い取り額だったんでしょうね。

本当にうらやましい限りです。

少しめずらしい車、レイ

主人と結婚した当初はボルボに乗っていました。

ステーションワゴンタイプの車は荷物は積めるし、結構快適でした。

しかし、外車ということもあり車検やメンテナンス、税金等でのコストはかかりました。

娘の出産を機に、家庭の経済的な部分を大きく見直すことにしました。

定期的な大きな出費である車のことも見直すことにしました。

車検を通すたびに20万程度かかってしまう出費は娘にかかる学費等を考慮すると、痛手ではありました。

壊れる前に買い取ってもらえるうちに手放そうということになり、車探しを始めました。

様々なメーカーさんのいろんな車を見ている中でひとつ気になったのが、光岡(みつおか)というメーカーさんでした。

少し変わったメーカーさんで、オリジナルの車も製造していますが他のメーカーから買い取った車をアレンジしている会社でした。

その中で気になった車はレイという軽自動車でした。

ワーゲンのビートルとミニクーパーを足して割ったようなレトロオシャレな車はまるでルパン三世が乗っていそうなコンパクトで遊びのあるルックスでした。

早速ディーラーさんに伺わせてもらうと、元はダイハツさんのミラという車体を光岡さんがアレンジしたものでした。

それまで軽自動車に乗ったことはなかったので多少の不安はありましたが、軽快に走ってくれて各コストも抑えることができました。

それまで乗っていたボルボは車買取山形市という車の買取サイトで高く売却することが出来ました。

おかげでその後の経費も大幅に節約できたので助かりました。

私が過去に乗っていた四輪駆動

もう随分前になりますが、スノーボードをやり始め、雪山によく行くようになりました。

その頃日産のフィガロとゆう車に乗っていました。

雪山にいくのにはちょっと不便に思い、中古車でもいいので、四輪駆動が欲しいと思い、いろいろ見にいきました。

その時はなぜかイスズのミューとゆう車に魅力を感じ購入しました。

後部座席も広くとてもゆったりとしていました。

ただ、2年も乗らないうちに雨漏れがして、はじめは自分の目を疑いました、そのあとはパワーウィンドが全開で、閉まらなくなり、しかも、高速道路の料金表を取るために開けたので高速道路を窓全開で走った事があります。

なかなかの体験でした。のち、雨漏れはますます酷くなり、早々と車を手放す事となりとてもショックだったのを今でも覚えています。

車との相性がわるかったのでしょうか。

イスズのミューは車買取秋田市という車の一括査定サイトを利用して買い取ってもらいました。

そのあと、新車で、オデッセイを購入しました。

当時はオデッセイもとても人気で何ヶ月も待った記憶があります。

新車での購入だったので、それはそれは嬉しかったです。

7人乗りでしたので、大勢で出掛けられるのも特権でした。

夏は海、冬は雪山と、春夏秋冬楽しめる便利な車でした。

車が大好きなのでいろいろな所にドライブも行きました。

これからも自分の大好きな車でいろいろな所に出掛けて行きたいです。

高級車ってもはや家の中みたいですよ。

私の知人(以下Sさん)が乗っている車の話です。

Sさんは仙台市に住んでいて、レクサスのLXという車種を新車で購入しました。

この車、余裕で一千万円を超える金額でして、ボディタイプはSUVです。

ちなみにかなり大きい車体で、きっと仙台の街中のコインパーキングなんかに駐車するのは難しいでしょうね。

それだけ大きい車なので、車内空間もかなり広々していて、全く窮屈感がありません。

ワンルームアパートで生活するより余裕をもって座れるかもしれません(笑)

さらに、上級グレードを購入していたので、シートは全てレザーで、座り心地も柔らかすぎず固すぎずの絶妙な感じでした。

高級家具屋さんに置いてあるソファーみたいです。

それだけでも「部屋感」が凄いのですが、純正で装備されているモニターのサイズも大きかったです。

カーナビやカーオーディオという枠をこえて、もはやテレビが装着されているようなルックスなのです。

高級ソファーにテレビなんて、かなり贅沢な部屋ですよね。

そしてさらに、この車は専属のコンシェルジュと繋がることができるんです。Sさんいわく、レクサスのような高級車にはそういったサービスを付帯できるとのことでした。

専用の番号にコールしたらコンシェルジュと繋がって、オーナーの質問に答えてくれるのです。

道案内はもちろんのこと、妻へのプレゼントはどこで何を買うのがオススメなのか?という質問にまで冷静にアドバイスをくれるそうです。

高級車って本当に凄いんだなぁと思い知らされました。

ちなみに、こんなに素晴らしい車なのですが、Sさんは仕事が忙し過ぎてほとんど乗れていないとのことで、今度、売ってしまおうと考えているそうなんです。

Sさんは売る時には車買取仙台市という車の一括査定サイトを利用するんだって言っていました。

半額で売れたとしても500万円になるので私はすごいなあと思いましたよ。

高く売れる事を私も祈っている次第なんですよ。

盛岡市の叔父さん夫妻の車の話

15年ほど前私がまだ子どもだった時の話ですが、親戚の叔父さん夫妻の車の話です。

親戚の叔父さん夫妻は岩手県の盛岡市に住んでいます。

年に数回祖父母の家へ父方の親族で集まることがあるのですが、祖母の一番下の息子にあたる叔父さんは、車屋さんを経営しており、その集まりのたびに新しい車や他の車に変わったりしているのを見かけました。

私は車にはさほど興味はなかったのですが、叔父さんが乗っている車はいつも「カッコいいなぁー」と思っていました。

また奥さんも美人でスポーツカーがよく似合う方で、仕事の関係で叔父さんと叔父さんの奥さんが別でそれぞれの車で祖父母の家へ来たりしていました。

そんないつも通りの毎年の集まりの日、自分達家族が祖父母の家にいくと、叔父さんの奥さんがもう先に到着しており、駐車場を見るとなんと「黄色のウィルサイファー」が停まっていました。

当時はよくコマーシャルでも見かけ、グッズにもなったりしていたので、ちょっとした社会現象だったと覚えています。

またスポーツカーや高級車に乗っていた夫妻だったので、ウィルサイファーというチョイス、尚且つ黄色ということで当時小さな衝撃を受けました。

またテレビで見るより現物を見た方が、よりライトの部分やフェンダーから前輪足回りの辺りが独特の形状で、当時の私は「おもちゃっぽいな」と感じて見ていました。

そんな車好きの叔父さん夫妻でしたが、今ではもう車屋さんは廃業しています。

今は盛岡市で優雅な老後を過ごしています。

扱っていた車も全部、盛岡市の買取業者に買い取ってもらったと言っていました。

何でも車買取盛岡市というネットの一括査定サイトで買取業者を見つけたそうです。

盛岡市 茶畑二丁目にあるカーチス盛岡という車の買取専門店が一番高く買い取ってくれたと言っていました。

今ではそんな叔父さん夫妻のカッコ良い車が見られないのが、ちょっとだけ寂しいですが、仕方ありませんね。

車大好きな友達が乗り換えを検討しています。

私は車大好きで、運転も、人の車に乗るのもどちらも大好きです。

過去いろいろな車を乗ってきましたが、比較的私は大きい車が好きです。

中でも一番好きだったのがトヨタのハイラックスサーフでした。

海でも山でもどちらでも対応がききとっても便利でしかもかっこよくて運転するのが楽しいです。

夏は海に広々いけるし、遠出はやはり小さい車だと疲れてしまいます。

車高も高い方が見通しもいいし、より出掛けるのが楽しくなります。

そして私には車好きの友人がいるのですが、彼女はトヨタのハリヤーに乗っています。

彼女は今、青森市に住んでいて、私は年に何回か遊びに行ったりしています。

もちろん車で遊びに行くのですが、その時には車は交互に出し合いお互いの車も運転したりしています。

なので、どこにいくにもほとんど車で行き、周りにはとても驚かれますが、電車が苦手な私たちは自由のきく車がとてもあっています。

日常でも車が、ないと動けない田舎に住んでいますので、車に乗らない日はありません。

車は私にとってはすごく居心地がよく、好きな音楽、ラジオを聴きながらコーヒーを買ってドライブする。

このスタイルが一番自分をリセットするのに最高の場所だし、いろいろなひらめきもわいてくるんです。

ただ、今、彼女はとても欲しい車が出来てしまったそうでハリヤーを乗り換えたいそうです。

次に乗りたい車はトヨタのプリウスだそうです。

それでハリヤ―の買取り業者を探しているそうですが、青森市で一番高く売れるところで売りたいそうです。

そりゃそうですよね。

一番高く買い取ってもらえれば次に乗りたいというプリウスの支払いも楽になりますからね。

彼女は今、車買取青森市という車の一括査定サイトに登録して青森市の買取業者の査定額を比較検討しているそうです。

買取が決まって次のプリウスを彼女が買ったら、今度はその車に乗って軽井沢や横浜なんかをドライブしたいなぁなんて思っています。

姉が車を買い替えた話です。

私の姉は北海道の札幌市に住んでいます。

結婚して札幌市に行ったのですが、かれこれ数年になります。

そんな姉が乗っていた車は日産の軽自動車のマーチでした。

小型で少し丸みのあるボディが可愛らしい感じの車で色はちょっと薄めの緑色で、何度か乗せてもらいましたがコンパクトカーなだけに少々中は狭いといった感じでしょうか。

ですがその分小回りが利いて運転しやすいと言っていましたし、燃費もいいし車自体の価格も手頃で購入しやすい車ということでした。

それに1人で乗ることが多いとか、もしくは子供がいない夫婦なんかには十分なサイズだと言っていました。

ちょっと近所に買い物に行く時などには重宝する車と姉は言っていました。

でも今回、子供が出来たから買い替えるということでした。

マーチは確かに大人4人まで座れる設計になっていますが、実際に4人座ると少々キツイ、狭いといった印象を受けます。

それで姉はマーチよりも大きなコンパクトミニバンのホンダのフリードに買い替えたそうです。

ホンダのフリードはかなり高価な車なのでマーチを高く買い取ってもらえたらいいなあと、頻りに姉は話していたんですが、最近、高額査定で買い取ってもらうことが出来たと連絡がありました。

札幌市内の買取業者の中で一番高い見積もりを出してくれたお店があったそうです。

そのお店で買い取ってもらったそうですが、詳しく聞いてみたところ、ネットの一括査定サイトで、そのお店を見つけたそうです。

車買取札幌市という車の一括査定サイトがそのサイトらしいのですが、札幌市の高額査定の買取業者が簡単に見つかったそうです。

何でも下取り価格と比較すると20万円も高かったそうで、一括査定をして得したと姉は喜んでいました。

従兄弟のお兄さんが車を買い替えたそうです。

私の従兄弟のお兄さんは、群馬県の前橋市に住んでいます。

そのお兄さんは以前三菱のパジェロに乗っておりました。

お兄さんはオフロードが好きで常に週末は山に出かけてキャンプをしていたのです。

私も何度か一緒に行ったのですが、パジェロの乗り心地はとても最高でした。

車の内装も高級感があり、車高も高く非常に見渡しの良い車だったのです。

高級車である感じをかもし出しているのに対し、山道でもがんがんに走ることができる車であったため、私にとってはある意味頼もしくも乗り心地のよい男らしい車に思えておりました。

そして実際に運転させてもらって感じたことは車の運転のしやすさでした。

山道を走っていても問題なく操作できとても運転しやすかったのです。

また、段差のある道でもなんなくクリアでき非常に感動しました。

私もいつかこのような車に乗ってみたいと思っていたのですがやはり金額的に高価であり、現時点も手に入れることはできていない状態です。

また山道だけでなく高速道路に関しても優雅に走れる車であり、非常に運転をしていて最高の気持ちにさせてくれます。

車を運転するならこういった気持ちにならないと楽しくないと思えました。

ところが最近、車を買取に出したそうです。

なんでも、燃費の良い今はやりのハイブリッド車に乗り換えたいからだということでした。

で、今乗っているパジェロを出来るだけ高く売りたいので前橋市の複数の買取業者から見積もりを取っているそうです。

なにしろ今はネットで車の一括査定が出来るのですごく簡単に車の買取の査定額が分るそうです。

お兄さんに聞いたら車買取前橋市というサイトで一括査定をしてもらったそうです。

その中で最高額の査定価格を出してくれたところで買い取ってもらって次のハイブリッド車を購入する予定だということです。

叔父が乗っていたボルボのワゴンを売却しました。

私には静岡市に住んでいる叔父がいるのですが、つい昨年までボルボのワゴンのV70というタイプに乗っていましたが売却したばかりです。

かれこれ10年以上乗っていたようです。

私も叔父の家に遊びにいった時に何度か乗せてもらったことがあるのですが、日本のトヨタ車とかホンダ車と比較するといかにもヨーロッパ車という感じの走りがエンジンの力強さが感じられる車だと感じました。

シートは固めなので道路の凹凸を全て拾ってしまうので、多分柔らかい乗り心地が好きな人とか日本車に甘やかされてきた人とかは、こういった無骨なタイプのボルボは好きではないかもしれませんね。

ただ、叔父が愛して止まなかったボルボを昨年売却したのは、とにかく細かい故障がすごく多かったかららしいです。

特に電気系統がものすごく弱いらしく、ムーンルーフの開閉が壊れたり窓ガラスのパワーウインドウが壊れたり、さらにはヒーターやクーラーが出なくなったりと、修理しても次々と問題が出てくるようになったのだそうです。

その度に修理費がかなり高額だったのでとうとう手放すことを決心したようです。

売却したのは車買取静岡市というサイトで一括査定サイトを利用して買い取ってもらったそうです。

下取り価格と比べると20万円近くも高く買い取ってもらえたと喜んでいました。

でもボルボなどは、そういうできの悪い息子のような感覚で修理をしながら大切に長く乗って行くという人も多いらしいのもなんとなく納得できます。

麻雀ゲームは面白い

最近、はまっているのがオンラインの麻雀ゲームです。

オンラインで全国各地の人と4人麻雀が出来るので本格的な麻雀が楽しめます。

普通のゲームと違って本当の人の対戦相手なので実際に麻雀をやっているという感覚で遊べるのでとても面白いんですよ。

画面も3Dになっているので平面的なゲームよりもよりリアルにゲームが楽しめます。

ただ難点は一回の勝負にお金がかかるという点ですね。

一回の半チャン戦で150円かかるのです。

勝って一位になればお金はかからないようになっているのですが、中々一位にはなれませんから月に3000円くらいは使っています。

以前はタダで遊べたので良かったのですが、いつの間にかから有料になってしまっていました。

それで会員も激減したので中々対戦相手が見つからないのも欠点の一つです。

以前のように無料で遊べることが出来るようになれば、もっと会員も増えると思うのですが、運営者が有料にしているので、こちらとしてはどうすることも出来ませんからね。

ま、今のところは我慢してお金を払ってゲームに参加していますが、早く無料にならないかなあと思っています。