叔父が乗っていたボルボのワゴンを売却しました。

私には静岡市に住んでいる叔父がいるのですが、つい昨年までボルボのワゴンのV70というタイプに乗っていましたが売却したばかりです。

かれこれ10年以上乗っていたようです。

私も叔父の家に遊びにいった時に何度か乗せてもらったことがあるのですが、日本のトヨタ車とかホンダ車と比較するといかにもヨーロッパ車という感じの走りがエンジンの力強さが感じられる車だと感じました。

シートは固めなので道路の凹凸を全て拾ってしまうので、多分柔らかい乗り心地が好きな人とか日本車に甘やかされてきた人とかは、こういった無骨なタイプのボルボは好きではないかもしれませんね。

ただ、叔父が愛して止まなかったボルボを昨年売却したのは、とにかく細かい故障がすごく多かったかららしいです。

特に電気系統がものすごく弱いらしく、ムーンルーフの開閉が壊れたり窓ガラスのパワーウインドウが壊れたり、さらにはヒーターやクーラーが出なくなったりと、修理しても次々と問題が出てくるようになったのだそうです。

その度に修理費がかなり高額だったのでとうとう手放すことを決心したようです。

売却したのは車買取静岡市というサイトで一括査定サイトを利用して買い取ってもらったそうです。

下取り価格と比べると20万円近くも高く買い取ってもらえたと喜んでいました。

でもボルボなどは、そういうできの悪い息子のような感覚で修理をしながら大切に長く乗って行くという人も多いらしいのもなんとなく納得できます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です