少しめずらしい車、レイ

主人と結婚した当初はボルボに乗っていました。

ステーションワゴンタイプの車は荷物は積めるし、結構快適でした。

しかし、外車ということもあり車検やメンテナンス、税金等でのコストはかかりました。

娘の出産を機に、家庭の経済的な部分を大きく見直すことにしました。

定期的な大きな出費である車のことも見直すことにしました。

車検を通すたびに20万程度かかってしまう出費は娘にかかる学費等を考慮すると、痛手ではありました。

壊れる前に買い取ってもらえるうちに手放そうということになり、車探しを始めました。

様々なメーカーさんのいろんな車を見ている中でひとつ気になったのが、光岡(みつおか)というメーカーさんでした。

少し変わったメーカーさんで、オリジナルの車も製造していますが他のメーカーから買い取った車をアレンジしている会社でした。

その中で気になった車はレイという軽自動車でした。

ワーゲンのビートルとミニクーパーを足して割ったようなレトロオシャレな車はまるでルパン三世が乗っていそうなコンパクトで遊びのあるルックスでした。

早速ディーラーさんに伺わせてもらうと、元はダイハツさんのミラという車体を光岡さんがアレンジしたものでした。

それまで軽自動車に乗ったことはなかったので多少の不安はありましたが、軽快に走ってくれて各コストも抑えることができました。

それまで乗っていたボルボは車買取山形市という車の買取サイトで高く売却することが出来ました。

おかげでその後の経費も大幅に節約できたので助かりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です